株式会社上野製作所

スピード+アイディア+ワンストップ加工でお客様が望むすべてのモノづくりを

0270-63-1688

平日 8:30~12:00 13:00~17:00

お問い合わせ

Case study

加工事例

板金加工品

【板金加工品】株式会社アクティブ 様

「ここもダメですね」アルミ材の板金加工で一番多くお客様に指摘を受けたのは○○でした。

  • 材質

    A5052-3t A5052-2tなど

  • 寸法

    L120×W60×H25

  • 技術

    レーザー加工 皿ザグリ 内R5曲げ 黒アルマイト

  • 納期 金額

    板金:1週間程度 処理:1週間程度  単価未掲載

簡易説明

株式会社アクティブ様向けのバイクナンバープレート付近に取り付けるフェンダーレスKITのパーツを製作いたしました。

【納期・金額・加工方法などは下記より】

詳細説明

【加工事例】 A5052-3t 板金加工 内R5曲げ加工&レーザー加工

 

 

A5052-3tアルミ材の板金加工依頼経緯


ホームページを通して
「アルミ材のレーザー加工ってできますか?」そんな言葉でのお問い合わせでした。
お客様が遠方であったため、面識をもってのご挨拶などできない中でしたが
レーザー加工だけでなく曲げや一部溶接、アルマイトなどの処理といった一貫した加工で対応いたしました。

バイク向け社外パーツを製作されているお客様ですので多くの車種向けの製品の
加工に携わることができる「ワクワク」を生み出していただける製品を
提供させていただいています。

 

アルミ材加工で指摘された注意すべきところとは?


機械部品など内部に取り付けられる部品などが板金加工や機械加工品などは多くみられますが、
バイク向けの社外パーツとなると趣味嗜好であり直接お客様が使用する製品への対応ということで、
通常の加工品とで対応が異なりました。
初めての試作品の際には、材料の裏側のキズや曲げ加工の際にできる
金型のキズなどがNGという指摘をいただきましたが、加工方法やキズへの対処法を確立し
キズなどのない外観が美しい製品を納入することが可能になりました。(写真2)

 

 

まとめ:板金加工+アルマイト処理 で+αの対応が可能です。


今では弊社で加工製作したものが、カー用品店などの店頭で販売されています。
製品開発の試作品や量産品などバイクメーカーの動向に合わせながらアルミの加工品を多数提供しております。

板金加工後アルマイト処理やカチオン塗装(写真3)を施し各種梱包した上で配送手配を行っております。
カラーアルマイトへの対応も「黒」「白」「シルバー」などへの対応も可能となっており
処理まで含めた一貫した対応が可能となっています。

 

 

「アルミの板金加工について対応可能か詳しく知りたい。」

 

「アルマイト処理までで単価はいくらか?納期はどのくらいか?知りたい。」

 

などご希望の方は【お問い合わせ】よりご連絡ください。

 

 

NEWS 最新情報へ戻る

他の【板金加工品】加工事例を見てみる

【加工事例】一覧へ戻る

 

▲写真2
▲写真3

Contact

お問い合わせ

私たちは製品加工だけでなく、お客様の「困った」悩み丸ごと解決します!

お電話でのお問い合わせはこちら

電話0270-63-1688

平日8:30〜12:00 13:00〜17:00

お問い合わせフォームはこちら